葉酸サプリは妊娠中に必要なもの┃マタニティライフを応援

快適に妊娠期を過ごすには

カウンセリング

こんな食べ物には注意

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためにも栄養を摂ることが大切と考えます。妊婦にとって必要な栄養には葉酸やマグネシウム、亜鉛や鉄、カルシウムなどがあり、葉酸が不足してしまうと胎児に影響が出てしまいます。神経管が閉鎖されるリスクが高く、無脳症や、無事に産まれても二分脊椎といった奇形が起こる可能性があります。逆に妊婦の場合栄養の摂りすぎに気を付けなくてはならないものもあります。摂りすぎに気を付けるものとしてレバーやうなぎ、生ハム、ナチュラルチーズ、生卵や生ガキ、マグロ、昆布などがあります。特にうなぎとレバーはビタミンAが豊富で、多く食べすぎると先天性の奇形児が生まれる可能性が高くなります。また、サプリメントを利用すると摂取量が超えてしまうこともあります。

産婦人科で推奨する食事

妊婦になると栄養の取り方が気になります。高カロリーや塩分の多いものを食べすぎてしまうと、妊娠高血圧症となり、出産の際にいきむことができず、吸引分娩や帝王切開になることもあります。胎児にも栄養が行きわたらないため低体重児が生まれることもあります。このため、産婦人科では妊婦に対して栄養指導を多く行っています。妊娠初期の妊婦はつわりがひどく栄養が取りにくいことがあります。こういった時はサプリメントを上手に取り入れると良いでしょう。中期以降は、食欲が出てくるので、和食中心にし、普段の食生活から栄養を摂るようにします。注意した方が良い物にはコーヒーなどに含まれるカフェインやハーブ類があります。カフェインが含まれていないたんぽぽコーヒーは人気があります。